top of page
  • 執筆者の写真チームあへあほ

札幌で研修講師をお探しなら:あへあほ体操のユニークな健康経営ソリューション


札幌の企業が競争力を維持し、成長を続けるためには、社員の健康と生産性の向上が不可欠です。そのためには、効果的な研修プログラムが重要な役割を果たします。そこで注目されるのが、札幌発祥で全国に展開しているあへあほ体操のユニークなアプローチを取り入れた健康経営ソリューションです。本記事では、あへあほ体操の誕生背景、具体的な効果、企業研修プログラムの詳細、成功事例、そして今後の展望について詳しく紹介します。




あへあほ体操の誕生と背景


あへあほ体操は、元自衛官のしものまさひろ氏が開発したユニークな腹筋運動です。彼は自衛隊での厳しい訓練中に腰痛に悩まされ、二度の入院を経験し、自衛隊を除隊。


その後、インナーマッスルや体幹の重要性に気付きました。カイロプラクティックの夜間スクールに2年通い、ヨガ、ピラティス、フィットネスを独学で学び、整形外科リハビリテーション室でアシスタントとして勤務。さらに多くの医師やセラピストから直接、学びを受け、インナーマッスルや体幹強化に取り組む中で、お腹を凹ませるドローイントレーニングにユニークな発声を組み合わせた「あへあほ体操」を考案しました。



この体操は、単なる筋力トレーニングに留まらず、メンタルヘルスやコミュニケーションの向上にも寄与します。


あへあほ体操の特徴と効果


腹筋強化と腰痛改善


あへあほ体操は、腹横筋というインナーマッスルを鍛えることで、腰痛の予防・改善に成果を上げています。腹横筋は、体の安定性を保つために重要な役割を果たしており、この筋肉を強化することで、自然なコルセットのような効果を得ることができます。





メンタルヘルスの向上


あへあほ体操では、「あーへーあーほー」と声を出しながらお腹を凹ませます。このユニークな発声方法は、空手などの武道でも用いられる「ハ行の発声」からヒントを得ています。ハ行の発声は日本語の中で一番空気を使う言葉、息をお腹の奥から吐き出すのに適している言葉です。息をしっかり吐き出すことは、副交感神経を高めることに繋がります。ストレス解消やリラックス効果があり、笑顔や癒しが自然に生まれることにより、エンドルフィンが分泌され、幸福度が高まります。


チームビルディング


あへあほ体操は、グループで行うことで、一体感が生まれ、コミュニケーションの向上やチームビルディングに役立ちます。共同で運動を行うことで、自然と連帯感が生まれ、職場の雰囲気が改善されます。心理学的にはラポール効果(信頼関係)が生まれ、チームビルディングを強固なものとしてくれます。



あへあほ体操の企業研修プログラム


オリエンテーション


企業研修プログラムは、まずオリエンテーションから始まります。この段階では、身体軸を意識するオリジナルメソッドを3分で体験頂きます。その上で、あへあほ体操の理論的背景や効果について説明し、参加者の理解を深めます。これにより、研修の目的や意義を共有し、参加者のモチベーションを高めます。


基本トレーニング


オリエンテーションの後は、基本トレーニングに移ります。ここでは、あへあほ体操の基本的な動作を学び、実際に体験します。初心者でも無理なく取り組めるよう、わかりやすい指導が行われます。


応用トレーニング


基本トレーニングを習得した後は、企業のニーズに合わせた応用トレーニングが行われます。例えば、デスクワークが多い社員向けの腰痛予防プログラムや、ストレス管理を目的としたメンタルヘルス向上プログラムなど、職場環境に即したカスタマイズが可能です。


フォローアップ


研修終了後も、定期的なフォローアップセッションが提供されます。これにより、参加者が継続的にあへあほ体操を実践し、その効果を持続できるよう支援します。フォローアップには、動画やオンラインでのサポートや個別のフィードバックが含まれます。


企業研修の成功事例


労働組合での導入例


ある業界の労働組合では、社員の腰痛や肩こりの改善、運動への意識づけを目的に、定期的なあへあほ体操のセッションを導入しました。結果、社員の腰痛が改善され、運動習慣の向上につながりました。また、運動を通じたリフレッシュ効果により、メンタルヘルスの向上も見られました。


建設業での導入例


建設業の現場では、作業中の腰痛や疲労感が問題となっていました。あへあほ体操の導入により、社員の腰痛理解が深まり、運動へのモチベーションが向上しました。また、共同での運動がチームの連帯感を強化し、コミュニケーションが活発になりました。


あへあほ体操の具体的な内容


発声と腹筋運動の組み合わせ


あへあほ体操は、「あーへーあーほー」と繰り返し発声しながら、「へ」と「ほ」でお腹を凹ませる腹筋運動をベースにプログラム化されています。この発声方法は、お腹の奥から息を力強く吐き出し、ドローインというエクササイズで、腹筋に力を入れることができるため、体幹が強くなります。また、この運動はお腹の奥をベースにしながら全身をバランスよく鍛えること出来るため、身体バランスが整い、全身の代謝を促進し、ダイエット効果も期待できます。


癒しとリラックスの効果


あへあほ体操では、癒しの要素も取り入れています。癒しは、リラックス効果やストレス解消に効果的であり、職場の雰囲気を明るくします。さらに、笑顔が生まれることでエンドルフィンが分泌され、自然とポジティブな気持ちになります。




あへあほ体操の導入によるメリット


健康経費の削減


あへあほ体操を企業に導入することで、社員の健康状態が向上し、医療費の削減が期待できます。健康な社員は病気になりにくく、医療費や休職によるコストを削減することができます。


生産性の向上


健康な社員は、より高い生産性を発揮します。あへあほ体操は、身体の健康だけでなく、メンタルヘルスの向上にも寄与するため、社員の集中力や意欲を高める効果があります。


企業イメージの向上


あへあほ体操を導入することで、健康経営を推進する企業としてのイメージが向上します。これにより、優秀な人材の採用や定着にもプラスの影響を与えることができます。



あへあほ体操の未来展望


今後、あへあほ体操はさらに多くの企業で導入されることが期待されます。健康経営が重要視される中で、あへあほ体操は企業の成長と社員の健康増進に貢献する存在となるでしょう。札幌にある医療教育機関や博士らと共同開発も行っており、日本予防理学療法学会の発表も決まっております。(2024.11.8,9)さらに、論文などを世界に発信して聞くべき研究も進めております。札幌を中心に多くの企業で実績を積み上げ、全国や世界展開を目指しています。





まとめ


あへあほ体操は、そのユニークなアプローチと高い効果により、多くの企業で採用されています。企業研修プログラムとして導入することで、社員の健康を維持し、生産性を向上させるための効果的な手段となります。あへあほ体操の詳細や企業研修プログラムの導入については、公式ホームページをご覧ください。





公式ホームページ:[あへあほ体操] https://www.shimo-tore.com/


---

閲覧数:3回0件のコメント

Commentaires


bottom of page