top of page
  • 執筆者の写真チームあへあほ

健康経営とは?体幹強化エクササイズで企業の生産性を高める方法

更新日:6月9日


近年、多くの企業が「健康経営」という概念を取り入れ始めています。健康経営は、従業員の健康を維持・向上させることで、企業全体の生産性や業績を向上させる取り組みです。本記事では、健康経営の概要と、その一環としての体幹強化エクササイズの重要性について詳しく説明します。


健康経営とは?


健康経営とは、企業が従業員の健康管理を戦略的に行うことで、生産性の向上や医療費の削減を目指す経営手法です。この概念は、単なる福利厚生ではなく、経営戦略の一環として位置づけられています。健康経営を実践することで、企業は以下のようなメリットを得られます。



1. **生産性の向上**

健康な従業員は業務に集中しやすく、パフォーマンスが向上します。

2. **離職率の低下**

健康管理が行き届いた職場は従業員の満足度が高まり、離職率が低下します。

3. **医療費の削減**

従業員の健康が維持されることで、病気や怪我による医療費が削減されます。

4. **企業イメージの向上**

健康経営を実践する企業は社会的に評価され、優れた人材の確保にも繋がります。


体幹強化の重要性


体幹(コア)は、人体の中心部分であり、全身の動きを支える基盤となります。体幹を強化することは、姿勢の改善、運動能力の向上、ケガの予防に効果的です。特にデスクワーク中心の職場では、体幹の強化が健康維持に重要な役割を果たします。


体幹強化エクササイズには、以下のような効果があります。


1. **姿勢の改善**

正しい姿勢を維持することで、肩こりや腰痛の予防に繋がります。

2. **運動能力の向上**

体幹が安定することで、全身のバランスが良くなり、運動能力が向上します。

3. **ケガの予防**

強い体幹は、転倒や筋肉の負傷を防ぎます。

4. **ストレス解消**

適度な運動はストレスホルモンの分泌を抑え、リラックス効果をもたらします。


オフィスでできる体幹強化エクササイズ


健康経営を実現するためには、オフィスで簡単にできる体幹強化エクササイズを導入することが効果的です。以下に、オフィスで実践できる簡単なエクササイズをいくつか紹介します。




1. 椅子を使った体幹強化エクササイズ


**椅子に座って腹筋トレーニング**

- 椅子に浅く座り、背筋を伸ばします。

- 両手を胸の前でクロスし、上体を後ろに倒します。

- 腹筋を使って上体を元に戻します。この動作を10回繰り返します。


**膝を持ち上げるエクササイズ**

- 椅子に座った状態で、片方の膝を胸に引き寄せます。

- 5秒間キープし、ゆっくりと足を元に戻します。反対側も同様に行います。左右交互に10回ずつ行います。


2. 立ちながらできる体幹強化エクササイズ


**スタンディング・プランク**

- 壁に両手をつき、体を一直線に保ちます。

- 腹筋と背筋を意識しながら、30秒間キープします。


**片足立ち**

- 直立した状態で、片方の膝を90度に曲げて持ち上げます。

- バランスを保ちながら、30秒間キープします。反対側も同様に行います。


あへあほ体操と健康経営


あへあほ体操は、特に体幹強化に効果的なエクササイズとして注目されています。この体操は、腹筋を引き締めるだけでなく、独自の呼吸法と声出しを組み合わせることで、リラックス効果も期待できます。以下に、あへあほ体操の基本的な動作を紹介します。


◆あへあほ体操の基本動作



1. **姿勢を正す**

椅子に座っていても、立っていてもどちらでもOK!自分なりに姿勢を正す

2. **声出しエクササイズ**

「あへあほ」と発声しながら、「へ」と「ほ」でお腹を凹ませます。

3. **継続する**

この体操を繰り返し行います。一日3分、まずは二週間毎日やってみて下さい。



この動作を繰り返すことで、体幹が強化され、同時にリラックス効果も得られます。あへあほ体操は、オフィスでも手軽に実践できるため、健康経営の一環として導入するのに最適です。


企業があへあほ体操を導入するメリット


あへあほ体操を導入することで、企業は以下のようなメリットを享受できます。


1. **従業員の健康維持**

簡単に実践できる体操で、従業員の健康を維持しやすくなります。

2. **生産性の向上**

健康な従業員は業務に集中しやすく、生産性が向上します。

3. **職場の雰囲気の改善**

共同で体操を行うことで、チームビルディングやコミュニケーションの活性化にも繋がります。

4. **コスト削減**

健康経営により、病気や怪我による欠勤が減少し、医療費の削減が期待できます。


導入のステップ


企業があへあほ体操を健康経営の一環として導入するための具体的なステップを以下に示します。


1. **導入計画の策定**

体操の実施頻度や時間を決定し、導入計画を策定します。

2. **従業員への説明**

あへあほ体操の目的や効果を従業員に説明し、参加を促します。

3. **トレーニングの実施**

専門のインストラクターを招いて、トレーニングセッションを実施します。

4. **フィードバックの収集**

定期的に従業員からフィードバックを収集し、プログラムの改善に活用します。

5. **継続的な実践**

あへあほ体操を継続的に実践し、その効果をモニタリングします。




結論


健康経営は、企業の生産性向上と従業員の健康管理において非常に重要な役割を果たします。その中でも体幹強化エクササイズは、姿勢の改善やストレス解消、ケガの予防に効果的です。特にあへあほ体操は、オフィスでも手軽に実践できるため、健康経営の一環として導入するのに最適です。企業があへあほ体操を取り入れることで、従業員の健康を維持し、生産性を向上させることができます。


健康経営と体幹強化を組み合わせることで、企業は持続的な成長と成功を実現できるでしょう。あへあほ体操を導入し、健康経営の新たなステージを切り開いてみてはいかがでしょうか。

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page