top of page
  • 執筆者の写真チームあへあほ

インナーマッスルで鍛える!ドローインエクササイズで健康的な体を手に入れる

更新日:6月9日


インナーマッスルを鍛えることは、健康的な体を維持するために非常に重要です。特に、ドローインエクササイズは腹部の深層筋肉を強化し、姿勢改善や腰痛予防に効果的な方法として注目されています。本記事では、ドローインエクササイズの基本的なやり方、その効果、具体的な実践方法、そして継続的に取り入れるためのアドバイスについて詳しく解説します。


ドローインエクササイズとは?

ドローインエクササイズとは、腹部の筋肉を内側に引き込む動作を繰り返すことでインナーマッスルを鍛えるエクササイズです。特に、腹横筋(トランスバースアブドミナス)と呼ばれる腹部の深層筋肉にフォーカスしています。この筋肉は、体幹を安定させ、腰部のサポートに重要な役割を果たします。




ドローインエクササイズの効果

1. **腹筋の引き締め**

ドローインエクササイズを続けることで、腹部の筋肉が強化され、引き締まったウエストラインを手に入れることができます。特に、深層筋肉を鍛えることで、腹部全体が均等に引き締まりやすくなります。


2. **姿勢改善**

インナーマッスルが強化されることで、背骨の支持力が向上し、自然と姿勢が良くなります。良い姿勢を維持することは、見た目の美しさだけでなく、健康面でも多くのメリットがあります。


3. **腰痛予防**

腹横筋がしっかりと鍛えられることで、腰部の安定性が増し、腰痛の予防に繋がります。腰痛に悩む多くの人々が、ドローインエクササイズによって痛みの軽減を実感しています。


4. **体幹の強化**

体幹を強化することで、スポーツや日常生活における動きの安定性が向上します。特に、スポーツパフォーマンスの向上や、転倒予防に効果的です。


ドローインエクササイズの基本的なやり方




1. **基本姿勢を整える**

まずは仰向けに寝て、膝を曲げて足を床につけます。手は体の横に置き、リラックスした状態で始めます。


2. **腹部を引き込む**

息をゆっくりと吐きながら、腹部を内側に引き込みます。まるでおへそを背骨に近づけるような感覚で、腹部の深層筋肉を意識しましょう。


3. **キープ**

引き込んだ状態を5〜10秒キープします。この間、呼吸を止めないように注意しましょう。


4. **リラックス**

息を吸いながら、腹部の緊張を解き、元の状態に戻します。


5. **繰り返し**

これを10〜15回繰り返します。最初は少ない回数から始め、徐々に回数を増やしていくと良いでしょう。



ドローインエクササイズのバリエーション


様々なドローインエクササイズのバリエーションを紹介し、飽きずに続けられる方法を提案します。


1. **スタンディングドローイン**

立った状態で行うドローインエクササイズです。オフィスや家の中で手軽に行えるため、日常生活に取り入れやすい方法です。


2.  **座位ドローイン **

椅子に座った状態で行うドローインエクササイズです。デスクワーク中に行うことで、仕事の合間にもトレーニングが可能です。


3.  **四つん這いドローイン **

四つん這いの姿勢で行うドローインエクササイズです。このポジションでは、お腹の筋肉・脂肪などの重さを利用し、腹部への意識を深めます。



実践例:日常生活に取り入れる方法


ドローインエクササイズは、特別な器具や広いスペースを必要とせず、どこでも簡単に行うことができます。以下は、日常生活に取り入れる具体的な方法です。


1. **デスクワーク中に**

仕事中でも、座りながらドローインエクササイズを行うことができます。椅子に座ったまま、腹部を引き込む動作を意識的に行い、5〜10秒キープします。これを数セット繰り返すことで、デスクワーク中にもインナーマッスルを鍛えることができます。


2. **通勤中に**

電車やバスでの通勤中に、立っている状態でもドローインエクササイズを行うことが可能です。周囲に気づかれずに、腹部を引き込む動作を行い、インナーマッスルを鍛えましょう。


3. **家事をしながら**

掃除や料理をしながらでも、意識的にドローインエクササイズを行うことで、日常生活の中にトレーニングを組み込むことができます。特に、立っている時間が長い家事を行う際に効果的です。


4. **テレビ・YouTubeを見ながら**

テレビ・YouTubeを見てリラックスしている時間にも、仰向けになってドローインエクササイズを行うことができます。このように、リラックスした状態で行うことで、トレーニングが習慣化しやすくなります。


継続のためのアドバイス


ドローインエクササイズを継続するためには、以下のポイントを意識すると良いでしょう。


1. **目標を設定する**

具体的な目標を設定することで、モチベーションを維持しやすくなります。例えば、「1ヶ月でウエストを3cm引き締める」といった具体的な目標を立てることが効果的です。


2. **スケジュールを作る**

日常のスケジュールにドローインエクササイズを組み込むことで、継続しやすくなります。例えば、毎朝のルーティンに取り入れたり、仕事の合間に行う時間を設定することが重要です。


3. **記録をつける**

トレーニングの進捗を記録することで、自分の成長を実感しやすくなります。日々のトレーニング内容や効果をノートに書き留めると良いでしょう。


4. **仲間と一緒に行う**

友人や家族と一緒にドローインエクササイズを行うことで、お互いに励まし合いながら継続しやすくなります。オンラインでのグループトレーニングもおすすめです。


5. **楽しむことを忘れない**

トレーニングを楽しむことが、継続の鍵です。無理をせず、自分のペースで楽しみながら続けることが大切です。


ドローインエクササイズの注意点


正しく効果的にドローインエクササイズを行うための注意点を説明します。


1.  **呼吸を止めない **

エクササイズ中に呼吸を止めないようにしましょう。自然な呼吸を保ちながら、腹部を引き込むことが重要です。呼吸を止めると筋肉が緊張しやすくなり、効果が半減する恐れがあります。


2.  **姿勢のチェック **

エクササイズ中の姿勢が重要です。背中をまっすぐに保ち、腹部の引き込みを意識することで、効果を最大化します。鏡を使って自分の姿勢を確認するのも良い方法です。


3.  **無理をしない **

初めて行う場合は、無理をせず少ない回数から始めましょう。体に負担をかけず、徐々に回数を増やしていくことが大切です。痛みを感じたらすぐに中止し、専門家に相談しましょう。


あへあほ体操との関連性


あへあほ体操は、独自の声の出し方と腹部の引き込み(ドローインエクササイズ)を組み合わせたユニークなエクササイズです。このエクササイズは、特に高齢者に人気があり、簡単に始められる点が魅力です。あへあほ体操の創始者は、生徒から「通常のドローインだと、家に帰っても忘れてしまう。運動にインパクトが欲しい」との声を受け、このユニークな体操を開発しました。これによりドローインエクササイズの効果をさらに高めることができます。


よくある質問とその回答


**Q1: ドローインエクササイズは毎日行うべきですか?**

A: ドローインエクササイズは毎日行うことで効果を最大化できますが、最初は無理をせず、週に2〜3回から始めると良いでしょう。慣れてきたら、毎日のルーティンに取り入れていきましょう。


**Q2: 他のエクササイズと組み合わせても良いですか?**

A: もちろんです。ドローインエクササイズは他のコアトレーニングや有酸素運動と組み合わせることで、さらに効果的になります。例えば、ウォーキングやヨガと組み合わせて行うと良いでしょう。


**Q3: 腰痛がある場合でも行っても良いですか?**

A: ドローインエクササイズは腰痛予防に効果的ですが、痛みがひどい場合は無理をせず、専門医に相談してから行うようにしてください。正しいフォームで行うことが重要です。


参考リンク

- [あへあほ体操公式サイト]  https://www.shimo-tore.com/

- [ドローインエクササイズの実践動画] https://youtu.be/m-bFFOVaG_0?si=A4j6sULznyjkYLONkk


まとめ

ドローインエクササイズは、インナーマッスルを強化し、姿勢改善や腰痛予防に効果的なトレーニング方法です。特別な器具を必要とせず、日常生活の中で気軽に取り入れることができるため、誰でも始めやすいエクササイズです。この記事を参考にして、ドローインエクササイズを日常に取り入れ、健康的な体を手に入れましょう。インナーマッスルを鍛えることで、姿勢が改善され、腰痛が軽減されるだけでなく、体全体のバランスが向上します。継続することで、その効果を実感できるはずです。これからも楽しみながら、無理なく続けていきましょう。



ドローインエクササイズの実践動画




【前田修平先生のドローインのやり方】がわかりやすいので、こちらをご覧下さい↑↑



あへあほ体操の実践動画



【あへあほ体操の基本動作のやり方】を創始者が解説↑↑



インナーマッスルを鍛えるその他のエクササイズ


ドローインエクササイズ以外にも、インナーマッスルを鍛える方法はたくさんあります。以下にいくつかのエクササイズを紹介します。これらをドローインエクササイズと組み合わせることで、より効果的なトレーニングが可能です。


1. **プランク**

プランクは、体幹を強化するための基本的なエクササイズです。床にうつ伏せになり、肘をついて体を持ち上げ、体を一直線に保ちます。この姿勢を30秒から1分間維持します。


2. **サイドプランク**

サイドプランクは、腹斜筋や側面の筋肉を鍛えるためのエクササイズです。横向きに寝て、片肘をついて体を持ち上げ、体を一直線に保ちます。これを左右交互に行います。


3. **バードドッグ**

バードドッグは、背筋と腹筋を同時に鍛えることができるエクササイズです。四つん這いの姿勢から、片腕と反対側の脚を同時に伸ばし、数秒間キープします。これを左右交互に行います。


4. **デッドバグ**

デッドバグは、腹筋を強化するためのエクササイズです。仰向けに寝て、両腕と両脚を持ち上げ、対角線上に腕と脚を動かします。この動作をゆっくりと行い、腹部の緊張を維持します。


最後に


ドローインエクササイズは、簡単でありながら非常に効果的なインナーマッスル強化の方法です。特別な器具を必要とせず、日常生活の中で気軽に取り入れられるため、忙しい現代人にも最適です。ぜひ、このエクササイズを日常に取り入れ、健康的な体を手に入れてください。継続は力なりです。少しずつでも続けることで、確実に効果を実感できるでしょう。


参考リンク

- [あへあほ体操公式サイト] https://www.shimo-tore.com/

- [ドローインエクササイズの実践動画]  https://youtu.be/m-bFFOVaG_0?si=A4j6sULznyjkYLONkk

- [あへあほ体操・基本動作の実践動画] https://youtu.be/AdEZdle0HY4?si=hq0W_xHg1N2uovVx


継続的にインナーマッスルを鍛え、健康的なライフスタイルを手に入れましょう。

閲覧数:27回0件のコメント

Comments


bottom of page