top of page
  • 執筆者の写真チームあへあほ

高齢社員向け健康維持研修:あへあほ体操で健康な職場環境を実現

人生100年時代、70代でも、80代でも、バリバリ働く時代がやってきます。高齢社員向け健康維持研修としてあへあほ体操を取り入れ、社員の健康管理、生産性向上、安全性確保を実現します。創設者の経験と18年間の実践に基づく高い指導ノウハウを活かし、体幹強化や腰痛予防に効果的なエクササイズを提供。新しい時代の企業研修が「あへあほ体操」で、健康で効果的な職場環境を目指しましょう。





1. 高齢社員の健康維持の重要性


1.1 労働力の高齢化

日本を含む多くの先進国では、労働力の高齢化が進んでいます。企業は経験豊富な高齢社員の知識とスキルを活かしつつ、彼らの健康を維持することが求められています。高齢社員が健康であることは、企業の生産性や業績に直接影響を与えます。


1.2 健康管理の課題

高齢社員は、若い社員に比べて健康リスクが高いことが多いです。慢性的な痛み、筋力の低下、ストレスの増加などがその一例です。これらの課題に対処するためには、定期的な健康チェックと予防的な健康管理が不可欠です。




2. あへあほ体操の紹介


あへあほ体操は、腰痛予防と体幹強化に効果的なエクササイズであり、特に高齢社員にとって適しています。この体操は、創設者の自身の腰痛体験から生まれ、18年間の実践を通じて培われた高い指導ノウハウを誇ります。


2.1 あへあほ体操の基本動作

あへあほ体操は、以下の基本動作から成り立っています。




1. ユニークな(ハ行の)発声:

「あーへーあーほー」と繰り返し発声しながら、


2. ドローイン:

「へー」と「ほー」でお腹を凹ませます。


3. 繰り返します:

これを1分ほど繰り返します




2.2 あへあほ体操の効果

あへあほ体操を続けることで、以下のような効果が期待できます。


体幹の強化:

腹筋や背筋が強化され、腰への負担が軽減されます。


柔軟性の向上:

筋肉の柔軟性が向上し、腰痛の予防に役立ちます。


ストレス解消:

お腹の奥から声を出すことによって、リラックス効果をもたらし、ストレスを解消します。




3. 高齢社員向け健康維持研修の具体的な内容


3.1 健康管理の基礎知識

健康維持研修では、まず高齢社員に対して健康管理の基礎知識を提供します。これには、栄養バランスの取れた食事、適度な運動、十分な睡眠などが含まれます。


3.2 あへあほ体操の実践セッション

次に、あへあほ体操の実践セッションを行います。専門の認定インストラクターが指導し、高齢社員が正しい方法で体操を行えるようサポートします。


1.体幹力のチェック

まずは、ご自身の体の現状を把握します。創始者が開発した体幹力をチェックを行います。


2. 基本エクササイズ:

前述の基本動作を繰り返し、体幹を強化します。


3. 応用エクササイズ:

基本エクササイズに慣れてきたら、応用的な動作を取り入れ、さらに全身をバランスよく整えながら、鍛えていきす。


3.3 日常生活での健康維持アドバイス

研修の最後には、日常生活での健康維持に関するアドバイスを提供します。これには、正しい姿勢を保つ方法、適切な休憩の取り方、ストレス管理の方法などが含まれます。




4. あへあほ体操を取り入れるメリット


4.1 健康管理の向上

あへあほ体操は、体幹を強化し、腰痛を予防することで、高齢社員の健康管理に大きく寄与します。定期的に実践することで、体のバランスが改善され、全体的な健康状態が向上します。


4.2 生産性の向上

高齢社員が健康を維持することで、業務効率が向上し、生産性が高まります。健康な体と心を持つことで、仕事への集中力が増し、結果として企業の業績向上につながります。


4.3 安全性の確保

あへあほ体操を通じて筋力や柔軟性が向上することで、仕事中の事故や怪我のリスクが減少します。特に重い荷物を扱う作業や長時間の座位が必要な業務において、体操が予防的な役割を果たします。


4.4 社員満足度の向上

健康管理プログラムの導入により、社員の満足度が向上し、離職率の低下にもつながります。社員が自分の健康を大切にする企業に対して感じる信頼感や満足感が高まります。


4.5 体系化された指導ノウハウ

あへあほ体操は、創設18年で培った高い指導レベルと安心のノウハウを提供します。専門の認定インストラクターによる指導により、誰でも無理なく実践できるエクササイズが可能です。


5. 企業研修の導入事例


5.1 成功事例の紹介

企業Aでは、高齢社員向けの健康維持研修としてあへあほ体操を導入。50、60代以降の男性社員の腰痛が蔓延しており、腰痛をテーマに研修を行う。実践も踏まえながら、体のこと、腰のこと、腰痛疾患のことを学び、社員の健康意識が改善。研修後に「腰がスッキリした」との反響を得た。



5.2 導入のポイント

企業があへあほ体操を導入する際のポイントとしては、以下が挙げられます。


専任の認定インストラクターの配置:

専門のインストラクターを配置し、正しい方法で体操を指導します。


定期的なセッションの実施:

週に1回や月に数回など、定期的に体操セッションを行います。


個別のカラダ相談:

社員一人ひとりの健康状態に応じた個別の健康相談を行い、個別の運動アドバイスを提供します。


6. まとめ


高齢社員の健康維持は、企業の生産性向上や社員満足度向上に直結します。あへあほ体操を取り入れた健康維持研修は、体幹の強化や腰痛予防に効果的であり、創設者の経験と18年間の実践を通じて培われた高い指導ノウハウを活かしています。定期的な体操セッションや日常生活での健康管理のアドバイスを通じて、高齢社員が健康を維持しながら効果的に働くことができるよう支援します。まずは、一度、講演や講習会など体感ください。


企業が高齢社員の健康を大切にすることで、全体の業績向上や社員の満足度向上を実現し、持続可能な成長を目指しましょう。


 

株式会社AHプロジェクト(あへあほ体操本部)


あへあほ体操をさらに詳しく知りたい方は、画像をクリック↓↓


閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page